現在看護師として働いている元英国の兵士は、より多くの男性奉仕要員が同様のキャリア変更を検討することを奨励しています。

現在、プリマス大学で講師として働いているダニー・クラークは、男性は女性と同じようにケアをすることができ、性別の差は縮まったと言います。 元ロイヤルエンジニアであるクラーク氏は、プリマス大学の新しい看護研究所の1つで実践的な講義を行っています。

「軍隊を辞めたとき、私はやろうとしていたことにやや迷いましたが、看護で本当に良い仕事を見つけました」と彼は言いました。

「多くのリーダーシップ管理が必要です」と彼は付け加え、仕事について語った。

Forces Network Newsの記事をもっと読むにはここをクリック.

(Forces.net、2nd October 2019)